ノンシリコンシャンプーの情報

ノンシリコンシャンプーを正しく理解しましょう。

最近、雑誌やTVCMなどで「ノンシリコンシャンプー」という言葉をよく目にする機会が多くなりました。

 

 

最近有名なスカルプD(ノンシリコン)

ノンシリコンシャンプーの情報サイト

 

 

シャンプーのCMを見ていると、ノンシリコンシャンプーは、髪にとても優しそうな印象を受け、通常のシャンプーに含まれるシリコンは頭皮にダメージを与えるという印象を持ってしまいます。

 

しかし、シャンプーにおいて問題なのは、シリコンそのものというよりも、シリコンを含むコーテング剤の存在です。

 

コーティング剤はツヤのある美しい髪に仕上げますが、言わば髪にお化粧をしているようなもので、髪や頭皮の健康の為に有益なものとはいえず、むしろ負担をかけるものです。

 

TVCMや雑誌で見かけるノンシリコンシャンプーは、コーティング剤にシリコンを使用していないだけで、シリコンよりも髪や頭皮に負担のかかるコーティング剤を使用しているケースがあるため、購入の際には注意が必要です。

 

シリコンだけが悪者扱いされていますが、シャンプーのコーティング剤の中では、むしろまだ害が少ない、安全な方であると言えます。

 

もし、髪に有害なものを使っていないと自信を持って言い切れるなら、その商品はおそらく「ノンコーティングシャンプー」と表現されるべきでしょう。

 

こうした背景には、本当に髪と頭皮に良い、ノンコーティングでありながら、洗いあがり後の髪の仕上がりの良いシャンプーを作るには、技術的に難しい事が挙げられます。

 

また、技術面をクリアして製品化できたとしても、どうしても今までの製品よりも高価になってしまいます。

 

その為、メーカー側は、シリコンを使っていないことで髪にやさしいイメージを与えながら、他のシリコン以上に髪に良くないコーティング成分を使用して、販売している現状があります。

 

また、シャンプーはシリコンを使用せず、セットで販売されているリンスにシリコンを配合して、これまでと同じ髪の仕上がりを作っているような製品もあります。
これはあるいみ、正しい使い方です。

 

ノンシリコンシャンプーで頭皮を清潔にあらい、リンスで頭皮ではなく髪をコーティングするということになりますね。

 

 

日本人の髪質は、薬品に対してあまり強くない性質があります。

 

日本人は必ずしも髪が弱いということではなく、髪の組成自体に違いがあるためです。
ですので、外国製のシャンプーが、日本人にとっては強すぎるといったこともあります。

 

海外性のシャンプーにも良い物はありますが、パッケージのみ日本仕様にされてあたかも国内製のようにして販売されているシャンプーも数多くありますので、注意が必要です。

 

その製品が、薬品に強い髪をモニターとして製品化されているかどうかは、購入前にチェックする必要があります。

 

 

ヘアケアのための商品選びには、正しい知識が必要です。
健康な毎日を過ごすために、大切な体のために、私たちは賢く製品を選ばなければなりません。